JAながの(長野エリア)は長野県の北部に位置し、長野市の一部(犀川の北部)と上水内郡(信濃町、飯綱町、小川村)をエリアとしています。この地域は古くから長水(長野・上水内)地区と呼ばれ善光寺を起点とした政治・経済・文化の中心をなしてきました。また、ここは犀川と千曲川の合流点にもあたり、肥沃で豊かな土地はおいしくて豊富な農産物の宝庫でもあります。
 広い長水地区を大別すると、犀川、千曲川によって形成された扇状平坦で温暖な善光寺平。斑尾、黒姫、飯綱、戸隠山麓から裾花川地域に至る積雪が多く、標高差に富んだ中部山間地。また、犀川とその支流に向けて複雑な地形を示す、やや温暖な西部傾斜地に区分されます。
 空気は澄み渡り、四季がはっきりしているだけに農産物は豊富で、特に味と着色の良いりんご、清らかな水と肥沃な土地で育てられた米、野菜が自慢です。広大な善光寺平と中山間地、それぞれの地形の特色を生かした品質の高い農産物が生まれています。
 当地区には、信州を代表する善光寺、戸隠神社などが存在し、参拝や北信濃の大自然に触れようと全国各地から多くの観光客が訪れます。
 近年に至っては、中央・上信越自動車道の開通、北陸新幹線乗入れ、さらに平成10年2月には、20世紀最後の冬季オリンピックが長野で開催され、地区内にはエムウェーブ、ビッグハット、アクアウィング、スパイラル等の施設もあり、今世紀においても大きな地域財産となっています。
JAながのオフィシャルHP 





【ご案内】
詳細ボタンへのリンクは販売期間中のみ有効となります。表示されない場合は商品名の横でご案内している期間内(多少前から予約期間がある場合がございます)にご確認いただきますようお願いいたします。

なお、期間内であっても完売の場合は詳細ページは表示されません。

■サクランボ(佐藤錦) 6月上旬〜6月中旬頃
こちらのサクランボは、長野県の北部に位置する「JAながの(長野エリア)」管内の善光寺平で、雨よけハウスの中で大切に育てられています。土作りにもこだわり、樹皮堆肥をタップリと畑に入れ、有機質主体の肥料を使っています。また、雨よけハウスの中で雨から守り、水管理を適切に行うことで、露地栽培と比べて糖度を上げたあま〜いサクランボを収穫することができるのです。さらに、サクランボは大きいほど美味しいと言われていますので、Lサイズをご用意!
 1箱    2箱  

■飯綱支所シナノゴールド 11月下旬〜12月上旬
飯綱町は北信5岳の斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯綱山に囲まれ、標高が高く空に近い高原地帯です。山々からそよぐ風、麓から湧き出る清流、昼は太陽、夜は満天の星空の下、凛とした空気の中で育ったりんごは豊潤な香りと甘さ、噛むたびにあふれる果汁は絶妙です。
シナノゴールドのパリッとした食感と、さっぱりとした後味は食後のデザートにピッタリ★
 約5kg    約10kg  

■飯綱支所サンふじ 11月下旬〜12月上旬
飯綱町は北信5岳の斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯綱山に囲まれ、標高が高く空に近い高原地帯です。山々からそよぐ風、麓から湧き出る清流昼は太陽、夜は満天の星空の下、凛とした空気の中で育ったりんごは豊潤な香りと甘さ、噛むたびにあふれる果汁は絶妙です。
「サンふじ」は、太陽の光を充分に浴びて育つため、一段と濃厚な味わいがお楽しみいただけます。
 約5kg    約10kg  

■芋井の里サンふじ 11月下旬〜12月中旬
善光寺の西、飯綱山を背に太陽の光をタップリ浴び、色鮮やかな紅葉が周囲の山々を彩る中、収穫が始まります。りんご園は標高600〜700mの南斜面で、サンサンと降り注ぐ陽を受けて育ちました。一個一個何回も手をかけながら、適熟となる11月中旬以降から収穫を始めます。 善光寺の西、飯綱山を背にした長野市芋井地区で『美味しさにこだわるりんご栽培』に夢を膨らます専業農家が集まった生産者グループ。それが私たち【芋井の里】です。
 約5kg    約10kg  

商品・配送に関するお問い合わせ先
◆ JAながの:佐藤 義久
◆ 電話番号:026-224-3703