長野県の南部、自然豊かな松川町で若手園主が頑張る「まるいち大場農園」

■まるいち大場農園について・・・  
中央アルプスの山麓から南アルプスを望む、長野県南部の松川町の自然豊かな環境で果物栽培に意欲的に取り組んでいます。
この地域は、果物栽培の環境にも恵まれており、昼夜の寒暖の差、南向きの斜面に位置するため、水はけも良く、朝から夕方まで信州の太陽をたっぷり浴びた美味しい果物が収穫されます。
三代目の私、大場将博(写真左上)は、二代目の父母や地域の先輩と果物の栽培技術を磨きあいつつ、家族全員で日々美味しい果物づくりをしております。
 

■果物狩りもできます
自分で収穫した果物の味は格別!
★サクランボ:6月中旬〜7月上旬
★プラム:8月中旬〜8月下旬
★リンゴ:8月下旬〜11月下旬

果物狩りは生育状況により多少時期が前後する場合があります。事前にお電話でお問い合わせ・ご予約ください。
住所:長野県下伊那郡松川町大島2487
園主:大場将博
TEL:0265-36-2673
FAX:0265-36-5207



■ラ・フランス 10月下旬〜12月上旬頃
  10月下旬から冬にかけてが旬のラ・フランスは食べごろになると香りも良く、果汁があふれる果肉は口あたりも滑らかな西洋ナシの代表的な品種です。食べごろの見極めが難しい洋ナシですが、まるいち大場農園では、洋ナシ本来の美味しさをご賞味いただきたいことから、箱に食べ頃の目安を明記し、食べ頃・保存方法のご案内もお付けします。
約2.5kg
約4.5kg

■ルレクチェ 11月下旬〜12月下旬頃
  ラ・フランスと同じ明治36年にフランスから導入されました。芳醇な香りと滑らかな食感の美味しさです。追熟すると果皮色が黄色になります。食べごろの見極めが難しい洋ナシですが、まるいち大場農園では、洋ナシ本来の美味しさをご賞味いただきたいことから、箱に食べ頃の目安を明記し、食べ頃・保存方法のご案内もお付けします。
約2.5kg
約4.5kg

■果物セット 11月下旬〜12月下旬頃
  「ル・レクチェ」は香りが良く・口あたりもツルンと滑らかな洋ナシ。「サンふじ」リンゴの代表品種。「シナノゴールド」パリッとした食感と甘さ酸味の好バランスなリンゴ。
食べごろの見極めが難しい洋ナシですが、まるいち大場農園では、洋ナシ本来の美味しさをご賞味いただきたいことから、箱に食べ頃の目安を明記し、食べ頃・保存方法のご案内もお付けします。
約2.5kg
約4.5kg

商品・配送に関するお問い合わせ先
◆ まるいち大場農園 大場将博
◆ 電話番号:0265-36-2673