ショップトップ        

 

 




全国で唯一、”足かけ三年”もの年月をかけて栽培


   小粒、繊維が細かく身が締まった、

            シャキシャキとした歯切れ


 福井県坂井市三国町にある三里浜の砂丘地で作られているらっきょうは、全国でも唯一、植え付けから
収穫まで”足かけ三年”もの年月をかけて栽培され、「三年子」と呼ばれています。
 らっきょうは年月が経つにつれて粒が小さくなり、「三年子栽培」の場合、通常6〜9粒に増えるものが、
40〜60粒になります。小粒で繊維が細かく身が締まり、シャキシャキと歯切れのよいらっきょうになるのです。



JAグループ関連サイト