静岡の旬の農産物が当たる!
当ショップ限定!商品レビュー投稿キャンペーン開催中!!

キャンペーン詳細はこちらのページをご確認ください。

【頒布会B】「待ってたトマト」JA遠州夢咲フルーツトマト(3月、4月の各第3週発送)

3月、4月の各第3週発送コース
限定
全国送料込です。

販売数量 :
販売終了
販売期間 :
〜 2020/03/11
こちらの商品は代引き決済、のしはご利用いただけません

2020/03 発送日 20/03/20 販売終了しました。
2020/04発送日 20/04/17
週10箱の数量限定「待ってたトマト」の時期を逃さず注文ができる、お得な頒布会のご案内です!

こちらのページは、3月、4月のそれぞれ第3週の金曜日(合計2回)発送分です。
※他の週での発送をご希望の方は、以下よりご注文をお願いいたします。
第1週(3/ 6 、4/ 3)
第2週(3/13、4/10)
第3週(3/20、4/17)・・・こちらの商品ページ
※3月に関しては、3/19発送となる可能性があります(20日が祝日のため)
第4週(3/27、4/24)

※例えば、2週間に1回の頒布会をご希望の方は、お好みの2つの商品(例.第1週と第3週など)でお申込み下さい。
頒布会にお申込みいただくお客様へ特別に2回目を通常よりお安くご提供させていただいております。
※Sサイズ、Mサイズはお選びいただけます!月ごとで違うサイズも対応可能です。コメント欄にてお知らせください。

頒布会としてご用意する「待ってたトマト」は数量限定となります。週10箱の限定数に達し次第販売終了いたします。なお、他の週分では在庫が残っている場合がございますので、完売の際は他の週もご確認ください。


こちらの頒布会のお申込期限は3月12日(木)までとなります。
(「待ってたトマト」は4月下旬まで販売予定です)


今年も生産者が納得するトマトが出来ました♪
販売時期、数量限定!今この時期が一番おススメ
出荷される「待ってたトマト」の中から(もちろん全部美味しいですが…)選りすぐりのものをお届けします!


JA遠州夢咲のフルーツトマト「待ってたトマト」
こんなトマトを「待ってた!」
甘く濃厚な味わいのフルーツトマトです


「待ってたトマト」は極限まで水分・養分を控えて栽培した果実成分が凝縮されたフルーツトマトです!
生産者はJA遠州夢咲の石谷さんおひとり。なかなか手に入らない貴重なトマトをJAタウンで数量・期間限定で販売します。
こういうトマトを「待ってた!」
産地直送!自信を持ってお届けいたします。贈り物にもおすすめです。

商品名「待ってたトマト」
規格:A品
   Mサイズ14玉入 または Sサイズ18玉入
   ※ご希望のサイズをコメント欄にお知らせください。お知らせなければ、産地おまかせでどちらかになります
   ⇒おススメは産地お任せ!その時のおススメの規格をお送りします♪


<特徴>
品種は一般的に栽培される「桃太郎」を使っています。
極限まで水分・養分を控えた石谷さんの独自の栽培方法で育った「待ってたトマト」は、甘く濃厚な味わいのフルーツトマト。普通のトマトよりひとまわり小さな果実となりますが、その実は引き締まっています。
冬の時期のトマトは通常より栽培期間が長く、ゆっくり育つため甘みがじっくりと貯まっていきます。
そのためこの時期(冬〜春)のトマトは夏の時期に比べ糖度が高くなります。

ご注文の際は以下の注意事項をよくご覧ください。



<販売時期と発送についての注意事項>
JAタウンでのお取扱いは週10箱限定です。(通常販売分と頒布会分含みます)
★毎週金曜日に発送いたします。
発送日は都合により変更となる場合がございます。変更となる場合は別途メールでご連絡いたします。

<その他注意事項>
◯毎週金曜日以外は発送できません。(金曜日が祝日の場合等はこの限りではありません)そのため、着日指定はご利用いただけません
◯「待ってたトマト」は届いてすぐにお召し上がりいただけますが、産地では発送されてから3日ほどお待ちいただくことをおすすめしております。待つことで熟され(追熟)、より美味しくお召し上がりいただけます。追熟の日数は気温、地域等の条件により異なりますので、3日はあくまで目安です。あらかじめご了承ください。
のし、代引き決済はご利用いただけません。
★以上の注意事項をよくご確認ください。注意事項に記載のあることについてコメント欄にご記入いただきましても、ご対応いたしかねますので、ご了承ください。

商品詳細

規格 A品(M14玉またはS18玉)
立法和(cm) 60
宅配総重量(kg) 2.0
産地 JA遠州夢咲(静岡県掛川市)
配送種別 通常便
支払方法

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

〜JA遠州夢咲のトマト栽培の歴史〜

@フルーツトマトの始まり
待ってたトマトが栽培されているJA遠州夢咲管内では、昭和40年より前からトマトの栽培・販売を行っていました。
そのころは10月〜12月にかけて栽培する方式をとって、作は年内に終了していました。
その中で、特に終了間際のトマトがおいしいが、小さいため規格に入らないという悩みがありました。
そこで生産者とJAとがこの美味しいトマトをなんらかの形で販売できないか?ということになり、平成元年にJA遠州夢咲のフルーツトマト「プチ桃」として出荷を開始しました。

A待ってたトマトの始まり
「プチ桃」出荷は12月〜と決まっていましたが、石谷さんは水耕栽培でこのトマトを周年栽培しようと考えました。
そして、水耕栽培でのフルーツトマトを栽培し「プチ桃」と区別をするため、平成10年頃「待ってたトマト」という名前で販売をすることとなりました。
以降、JA遠州夢咲管内で石谷さんただおひとりだけが「待ってたトマト」の名前で販売をしています。

【頒布会B】「待ってたトマト」JA遠州夢咲フルーツトマト(3月、4月の各第3週発送)