メルマガ(不定期)を配信中!登録はコチラ






「紅あずま」今シーズン最終発送!!

さつまいも 紅あずま 三島甘藷(みしまかんしょ)約10kg

毎週月曜日発送(水曜日までにご注文いただいた分を翌月曜発送します)
紅あずまは年内で終了となります(紅はるかは引き続き販売いたします)
最終発送日は12月25日(火)です(通常は月曜日発送ですが、12/24は祝日のため、翌日火曜日の発送となります)
最終受注は12月19日19時までとなります


販売価格 :
¥5,980(税込)
販売数量 :
販売終了
販売期間 :
〜 2018/12/19
こちらの商品はのし、代引決済をご利用することができませんので、何卒ご了承ください。
静岡県の三島のさつまいも「三島甘藷(みしまかんしょ)」
こちらは”ホクホク”タイプの「紅あずま」(べにあずま)


昔ながらの”ホクホク”したさつまいもがお好きな方はこちらの「紅あずま」がおススメです!!!!
じっくり時間をかけて火を通せば、ホクホクあま〜い焼き芋に!
甘すぎないため天ぷらやサラダなどの料理にもおすすめです♪

★三島甘藷の特徴★

手堀りで一つ一つ丁寧に大切に収穫されているさつまいも「三島甘藷」。
この「三島甘藷」が生産される地域は、水はけの良い火山灰土と保肥力のある赤土が混じり合うさつまいも栽培に適した場所。三島甘藷は、繊維質が少なく、ホクホクしながらもしっとり感も味わえるのが特徴です。

★さつまいもの品種と出荷時期★
<紅あずま>10月下旬頃〜2月頃
ホクホクとした食感が味わえるのが「紅あずま」。焼き芋にすると「ホクホク」昔ながらの馴染みのある味わいが楽しめます♪
また、このホクホク感を活かして、スープやサラダなどにアレンジしやすい点もこの品種の特徴です。
→このページではこちらをお届けいたします。

<紅はるか>12月頃〜3月頃
最近よく出回っているのがしっとり、ねっとり系の「紅はるか」
何と言ってもオススメは焼き芋です!
その甘味を活かして、スイーツなどにアレンジいただくのもおススメです♪
→紅はるかをご希望の方はこちらから

★美味しい食べ方★
三島甘藷は『じっくり』時間をかけて火を通すことで甘みが出てきます。
私のおすすめは定番の焼き芋!!
焼き芋ならオーブントースターが一番簡単です!
市販品で焼き芋用のホイルが売られていますので、それをお使いいただくと便利です。
無い場合は、濡れた新聞紙にくるんでからアルミホイルで包んで、オーブントースターで20分くらい(芋の大きさやお使いのオーブントースターによって時間は異なる場合がありますので様子を見ながら加熱時間を調整して下さい)
本当に簡単に美味しい焼き芋が作れるのでぜひ一度お試しください!

※基本は毎週月曜日の発送となります。
水曜日の20時頃までにご入金いただいた分を翌週の月曜日に出荷します。コンビニ・ATM決済をお選びの方は特にご注意ください。水曜日の20時頃までにご入金お済みでないと発送が翌々週となってしまいます。)



【1箱あたりの本数について】
さつまいも1本が200g〜500g位ですので、10kg(1箱)だとおよそ30本となります。
なお、本数の指定はお受けいたしかねます。

【テレビで紹介されました!】
2017年10月28日(土)放送「朝だ!生です旅サラダ」朝日放送(テレビ朝日系列)にて、産地より生中継で三島甘藷が紹介されました!


また、こちらの商品はのし対応及び代引決済をご利用することができませんので、ご了承ください。

商品詳細

規格 ベニアズマ約10kg
立法和(cm) 90
宅配総重量(kg) 10.0
産地 静岡県三島市
配送種別 通常便
支払方法
************* 保存方法 *************
さつまいもは日の当たらないところに置いて下さい。
(できれば新聞紙でさつまいもを包みダンボールに入れると良いです。)
寒さには弱いので冷蔵庫には入れず必ず室温で保存をお願いします。
 ************************************

*==*== 三島甘藷(さつまいも)とは ==*==*

静岡県三島市佐野地区では、水はけの良い火山灰土と保肥力のある赤土が混じり合い、甘藷の生産に最適です。そのため、三島市佐野地区で生産される三島甘藷はホクホク感としっとり感を同時に味わえるのが特徴です。その昔、全国の甘藷相場を決めるほどのブランドいもでした。
 
 
*==*== 山北印とは==*==*

昭和初期、甘藷の全国一の消費地は大阪や京都とその周辺の街で、各地で生産された甘藷は大阪・京都の市場に集まりました。その中で味が一番良いとされたのが三島甘藷で日本一の評価を得ていました。当時日本の甘藷の相場は三島甘藷「山北印」で決まると言われていたそうです。

*==*== 山北印の由来==*==*

「山北」の「山」は箱根山からきています。「北」は当時産地である三島市佐野が北上農協の管轄であったことに由来しています。(現在は合併してJA三島函南となっています)
そこで「箱根山の北上農協の甘藷」と言う意味で「山北印」と呼ばれました。「山北」のロゴを作りその印のあるさつまいもが「山北印の三島甘藷」となり、市場に出回りました。

*==*== 甘藷(さつまいも)の栄養価==*==* 
 
ビタミンCや食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴があります。60℃程度で長時間加熱するとデンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増しますので焼き芋・ふかし芋・天ぷらや大学イモなどは甘味を最大限に引き出すのに最適です。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたカスタマーレビューはまだありません。

【お問い合わせ先】
JA静岡経済連 流通開発課
TEL:054-284-9728
営業時間:平日 9:00〜17:00(土日祝日は休業日です)

さつまいも 紅あずま 三島甘藷(みしまかんしょ)約10kg

¥5,980(税込)