JAタウン×元気なカラダプロジェクト JAタウン×元気なカラダプロジェクト

今月の食材 今月の食材

「やまのいも」とは?

「やまのいも」とは、ながいも、やまといも(つくねいも・いちょういもとも呼びます)、自然薯などの総称です。 主成分はデンプンですが、デンプンの分解酵素ジアスターゼを含むため、生でも食べられます。 生と加熱調理後で食感が変わり、生でシャキシャキ、加熱すると、ホクホクの食感を楽しめます。 すりおろしたものは、生だとトロトロ、加熱するとフワフワでもっちりした食感に変化します。 お好み焼きやホットケーキなどをふわふわに仕上げたいときに加えると良いです。

鮮度の見分け方

  • ・皮が薄く表面がきれいでハリがあるもの
  • ・傷や斑点がなく、ひげ根の多いもの

下ごしらえのポイント

  • 白く仕上げるには、すりおろす時に皮を厚くむくこと。またむいた部分を水や酢に10分ほど浸しておくと、すりおろした際にアクが出にくくなる。

最適な保存条件

切り口が空気に触れると変色するので、保存する場合は切り口が空気に触れないよう、ラップなどでしっかり包んで冷蔵庫に。丸ごとの場合は新聞紙で冷暗所に保存する。

やまのいもQ&A

  • Q:紫色に変色したけれど、食べられる?
  • A:栽培時にながいも中のポリフェノールが酸化されてアントシアニン系の色素が生成したと考えられる。食べても害はない。

都道府県別生産量シェア

都道府県別生産量シェア

おすすめレシピ

おすすめレシピ

山芋とネバネバ仲間のごはん

山芋、メカブ、オクラ。
ネバネバ食材を使った健康ごはんです。
明太子をアクセントにおいしくいただきましょう。

調理時間
10分
カロリー
345kcal
塩分
1.9g
脂質
1.7g

※ カロリー・塩分・脂質は1人分の値

材料(2人分)
  • ごはん 280g
  • 山芋 200g
  • オクラ 4本
  • メカブ 50g
  • 明太子 1腹
  • めんつゆ(ストレート) 大さじ1
作り方
  1. オクラは塩(分量外)をふり、板ずりしてからラップに包んで電子レンジで40〜50秒加熱して斜め薄切りにしておく。
  2. 明太子は包丁で皮に切り込みを入れ、スプーンなどで中身をこそげるように取り出しておく。
  3. 山芋は皮をむいてビニール袋に入れ、麺棒などでたたきつぶし、オクラ、明太子、メカブ、めんつゆとあえる。
  4. ごはんに3.をかける。
料理上手のワンポイント

山芋をたたきつぶしたビニール袋の中に、その他の材料を全部入れて混ぜるとさらにスピードアップします。

※出典元 JAグループよい食レシピ

おすすめレシピ

山芋とエビのとろろ揚げ

すりおろした山芋とエビを大葉の上にのせてカラリと揚げます。 おつまみにもなる一品です。

調理時間
30分
カロリー
156kcal
塩分
0.9g
脂質
7.9g

※ カロリー・塩分・脂質は1人分の値

材料(2人分)
  • 山芋 150g
  • エビ(中) 4尾
  • 片栗粉 適宜
  • A.卵白 1個分
  • A.塩 小さじ1/4
  • 大葉 8枚
  • 揚げ油 適宜
  • レモン 1/4個
作り方
  1. エビは殻をむき、片栗粉をまぶしてもみ、水洗いし、キッチンペーパーで水気をふいて、5〜6mmくらいの大きさのざく切りにしておく。
  2. 山芋は皮をむいてすりおろし、Aと1.を混ぜ合わせる。
  3. 大葉に2.をのせて巻き、165〜170度に熱した油で、ふんわりするまで揚げる。器に盛りつけ、レモンを添える。
料理上手のワンポイント

ビニール袋に山芋を入れて、上からすりこぎで細かくなるまで丁寧にたたいてもOK。手がかゆくならずに快適に調理することができます。

※出典元 JAグループよい食レシピ

  

JAタウンのSNSサービス

  • JAタウンLINE 友達追加はコチラ
  • JAタウンinstagram フォローはこちら

全国の旨いもの、
旬な情報を続々更新中♪