ショップトップ        

おらほの逸品館
こまちがゆレシピ
手間暇かけずに簡単「おかゆ」料理

秋田の自然が育んだ「あきたこまち米」をそのまま生かした「こまちがゆ」鍋のふたを持ち上げた時の白い湯気と、ふわっと立ち上る匂い。その瞬間を味わいたくて残っていた野菜も一緒にほっくり炊いたら、からだに優しい一品になりました。「こまちがゆ」で我が家だけの自慢がゆをいかがですか♪

【こまちがゆはこちらから注文できます】

【敬老の日の贈り物はこちらからどうぞ】

こまち食品工業(株)から参考レシピをお届けします!ぜひお試しください★
【かぶと大根の葉っぱがゆ】
【材料・2人前】こまちがゆ・・・2缶/かぶ…1個/大根…5センチ/かぶの葉…適量/せり…適量/…1個
〔A〕みりん…小さじ1/塩…少々

@かぶは皮を厚めにむいて薄くくし形切りにし、大根は5センチ長さの千切りにし、別鍋で柔らかくなるまで茹でてください。
Aかぶと大根の葉はさっと茹でてざく切りにし、せりは小口から刻みます。
B卵は〔A〕で調理し、さいばし4〜5本でかき混ぜながら、ボロボロの炒り卵にします。
C鍋に本品こまちがゆ2缶と@を入れフツフツと煮立ってきたら、火を止める直前に、Aを手早く散らし入れて、ふたをし、蒸らしながら火を通します。
D独自で取り分け、炒り卵をのせ、しょうゆ、塩で好みに味付けて食べます。
【とりがゆ】
【材料・2人前】
こまちがゆ…2缶/鶏のささ身肉…3本/中華スープの素…適量/小松菜…3〜4株/酒…小さじ1/塩、こしょう

@ささ身は分量と酒と塩、こしょう各少々をふります。
A鍋に本品こまちがゆ2缶と@、中華スープの素を入れフツフツと煮立ってきたら鍋底からひと混ぜします。
B小松菜は小口から刻み、火を止める直前に散らし入れてふたをし、蒸らしながら火を通します。
C鍋からささ身を取り出し、細かく割いて戻し入れ、好みに塩、こしょうで調味します。
【七草がゆ】
【材料・2人前】こまちがゆ・・・2缶/春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)市販のセットを使用/塩

@鍋に本品こまちがゆ2缶を弱火で、フツフツと煮立てます。
A七草の材料は、それぞれ小口から刻み、@に加えて、ひと混ぜして火を止め、五分程蒸らして好みの塩味にととのえます。お好みで小さめに切ったお餅を加えてもおいしいです!

JAグループ関連サイト